アミノ酸が不足すると起こりやすい疾患

アミノ酸が不足すると起こりやすい疾患は、成長の阻害です。アミノ酸は人間の体に必須の成分なので、不足すると筋力低下を招き、体力の減少につながります。また、アミノ酸が不足するとホルモンバランスの異常をきたすので、脳や神経の機能が低下し、肝臓肥大や脂肪肝などの肝臓病の疾患になりやすくなります。
免疫力の低下により、利尿作用の低下も起こるので、腎臓に負担がかかり、むくみなどの症状も起こり得ます。エネルギー不足になるので、いらいらや不安感、落ち着きのなさが増してきて、うつ病を併発することもあります。他にも、アレルギー症状、動脈硬化、抜け毛など、アミノ酸が不足すると様々な疾患が露呈します。アミノ酸は、普段通りの食生活をしていれば、特に不足することはないのですが、十分な量が摂取できないと、病気になります。アミノ酸が不足すると、たんぱく質の量や動きが低下するので活動が鈍くなります。疲れやすく、だるさなどを感じたときは、アミノ酸が不足している証拠です。アミノ酸が不足すると、抗体も減ってしまうので、風邪などを引きやすくなります。

サプリでアミノ酸を摂取するには